生活を立て直したあとで見えてきたものは、‘今あるもので生活できる’ということでした。

それまでは、多くのもの、ブランドの商品に囲まれていることが豊かな生活、便利な生活であって、物質的に豊かさな生活を送るために、

どんどん新しく商品を購入していました。

しかし、そのサイクルを止めてしまっても、今持っている物で生活することができました。

人生で貴重な時間を使って得たお金を使って流行の物を買っていました。

新しく購入すると、まだまだ使えるのに使わなくなるものが出てきます。

使えるのに使わなくなるものは、不用品です。

家の中に、こういった不用品がどんどん蓄積されていました。