サラリーマンで働いていた間、豊かな生活(物質的な豊かさ)、便利な生活を追い求めていくことで、

皮肉にも自分の時間的、精神的な余裕がなくなっていくという状況になっていきました。

そして、フィールドを変えてみようと、起業し、自分バブル崩壊。

起業時に希求していたものとは、何だったのか?

それは自分自身や家族に対する時間的、精神的な余裕を取り戻すことに加えて、

それまでの豊かな生活(物質的豊かさ)を継続して得ていくこと。それを自分のやりたい事業をした上で実現する。

人間の欲望は際限がないですね。

しかし、起業後に待っていたのは、

豊かな生活(物質的豊かさ)を継続して得ていくことが難しくなったこと。

支払いに追われることとなり、時間的、精神的な余裕を取り戻すどころか、休みなしで働くこととなったこと。

でした。