時間的、経済的、精神的自由を手にいれるためには、

自分が労働力ではない仕組みを作る必要があります。

起業後、最初のステージでは、

自分が労働力として、

がむしゃらに働かなければなりません。

 

経営方針、接客、仕入れ、商品出し、
清掃、POP書き、チラシ配り、経理等

すべてのことを一人でこなします。

そして、なんとか、食べていくことができるようになる。

というより、必死に頑張って、食べていくことができるようにする。
やがて、次のステージのことを考えるようになります。

自分が労働力として働いていると、
一般的に時給の高い仕事と思われる仕事(経営者にしかできない仕事)
から時給の低い仕事と思われる仕事(経営者以外でもできる仕事)
まですべての仕事を自分でおこなうため、

自分で行うことのできる仕事の時間が

稼ぎを生み出す限界となります。

つまり、24時間仕事をしても24時間分の稼ぎが上限となります。

そこで、他の人の時間を買う(雇う)ことによって、

トータルの仕事の時間を増やすことが可能になります。

これにより、自分は時給の高い仕事をして、

自分以外でもできる仕事を従業員に

任せることができるようになります。

しかし、1店舗で小規模店舗の場合は、

入店客数の限界、店内売上の限界等もあり、

店舗売上のみの収益モデルの場合、

従業員を雇うことが、効率化に結び付かない可能性もあります。

すると、従業員を雇うということをしないまま、
結局、ずっーと、自分が労働力として営業することになります。

しかし、そのままでは、自分が労働力でない仕組みをつくれません。