私はサラリーマンだったときに1日往復4時間以上かけて通勤していたことがあり、

1か月約100時間位の通勤時間でした。

約半年間の通勤だったので、600時間位です。

そのまとまった通勤時間にいったい何をしていたのでしょうか?

今振り返ってみると、‘未来のために使う時間’に使っていました。

実は、その時間に、起業のためのプラン作りをしていたのです。

私の起業時の計画は、ほとんど通勤時間に作られました。

様々な事業プランからスタートし、店舗の立地から、

レイアウトまで電車の中で夢中になって構想を練っていました。

夢中になっていたことで、通勤時間はあっという間でした。

私は、構想ができてくると、夢がふくらんできて、実現しないと気がすまなくなってしまうのです。

あの時のまとまった時間がなかったら、独立起業に踏み切らなかったかもしれません。

通勤時間を使って事業プランを練り上げ、休日を使って独立起業にむけた準備を進めていきました。

その、起業にむけた準備をしている間は、とてもワクワクしていました。
サラリーマンは、いつでも、どこでも、なんでも、

自分のやりたいような選択をすることができる余地は、あまりありません。

それに加え、責任が上がるにつれて、

自分のやりたいことがより、しにくくなっていくような感じがしました。

しかし、起業すれば、思い描いたような事業の仕組みで、自分のやりたいことができる。

今が、挑戦するタイミングと感じていました。