100万円の運転資金を使って200万円にするためには、

商品(仕入れ)が必要であるとともに、販売する仕組み、場所、ノウハウ、技術、人等が必要になります。

そして、これらの運営が順調に進んでいった場合にも、いずれ問題が現れます。

それは、事業規模の限界といった問題が生じてきます。

たとえば、個人事業で、実店舗での経営をしているケースを考えてみます。

店主1人でお店を順調に運営しているとします。

そのお店では、お店の売り場の面積、取り扱い商品、商品単価、店主1人で対応可能なお客さんの人数等からして

月200万円の売り上げが限界です。

粗利率50%の棚卸資産を100万円仕入れ、販売していく場合、

そのお店では、

1か月に100万円の仕入れをして、200万円を売上をあげることで限界となってしまいます。

そのままの経営スタイルで経営をおこなっていくならば、運転資金が100万円以上あっても

1か月の運転資金がお店の規模の制約を受けることにより、上限100万円となってしまいます。

つまり、100万円を超える部分の資金が活用されることはありません。