これまで、経済的、精神的、時間的自由をめざすために様々な資産から収入を得る方法について考えてみました。

しかし、どの資産も、収入を得るためには、資金が必要となります。

そんな中、資金の必要のない資産があります。

それはサラリーマン(人間資産)です。

自分の体という資産を提供してそこから収入を得るというものです。

日本では、サラリーマン(人間資産)になることで安全・確実な収入を得ることができます。

経済的、精神的、時間的自由をめざすためには、リスクをとる必要があります。

リスクをとりたくなければ、何があってもサラリーマン(人間資産)でいることが重要です。

サラリーマンでいる間に、信頼できそうな様々な機関による、あやしい勧誘にのらなければ、退職後に経済的、精神的、時間的自由を得ることができるかもしれません。

しかし、そのサラリーマン(人間資産)でいることによる収入や、その地位がどんどん不安定になってきてもいます。