経営が順調な状態では、‘自分が労働力’の状況から脱出しようとすると、複数店舗の経営を目指すことも選択肢の1つとなります。

複数店舗を経営するためには、新たに、従業員を雇う、店舗を借りる、設備投資を行うことになります。

従業員を雇うということは、給料の支払いが発生します。

新たに店舗を借りるということは、追加で家賃の支払いが発生します。

設備投資を行う際に、借り入れによる場合は、借金を月々返済することとなります。

経営者はこれらの支払いが、それまでの支払いに加わることになります。