実店舗で店主1人で経営をしているということは、自分自身が労働者という状況を意味します。

たとえ経営が順調でも、実店舗(1店舗で店主1人)で経営を継続するだけでは、経済的自由を得ることはできません。

自分が労働力の状況から脱出しなければなりません。

経営が順調な状態では、‘自分が労働力’の状況から脱出しようとすると、複数店舗の経営を目指すことも選択肢の1つとなります。

複数店舗を経営するためには、新たに、従業員を雇う、店舗を借りる、設備投資を行うことになります。