実店舗で店主1人で経営をしていると、

たとえ経営が順調でも、お店の規模の面から運転資金を含め様々な制約がされることとなります。

また、実店舗で店主1人で経営をしているということは、自分自身が労働者という状況を意味します。

実店舗で店主1人で経営をしていて、自分が労働者の状況では、自分の労働に収入が左右されることとなります。

何らかの理由で、自分の労働が止まると、事業が止まってしまいます。

その事業が止まる期間が長引くと、廃業となり、事業運転資金を使った投資機会が失われることとなってしまいます。

対して、不動産投資等の資産運用資金については、自分の労働の有無は、ほとんど影響しません。

自分が働かなくても、収益を生むという状況を作ることができるからです。