実店舗で店主1人での経営の場合、

お店の売り場の面積、取り扱い商品、商品単価、店主1人で対応可能なお客さんの人数等

といったお店の規模の面から制約されることとなります。

それにともなって、たとえ経営が順調でも、運転資金で一定額以上の資金が活用されなくなっていきます。

つまり、運転資金の量と事業のキャパシティのギャップが生じることになります。

資金が手元にあった場合、資産運用資金よりも、事業運転資金にしたほうが

圧倒的に有利な可能性が高いにもかかわらず、事業の規模に制約されることで、資金を活かすことができなくなります。