不動産投資等の資産の増えていく速度は、投資元本に対して、ゆっくりと進んでいきます。

それに対して、ビジネス(棚卸資産)はどうでしょうか?

例えば、自宅で小売店を経営しているとします。

1日の平均売り上げが2万円のお店とします。

原価率が50%の場合、2万円の売り上げに対して、1万円が粗利益となります。

それは、1万円投資(仕入れ)をして、1日で1万円の収益が得られるということです。

そして、このお店の店主が、元手の1万円を毎朝、市場に持っていき、

仕入れをして、帰ってきたらお店で営業するとします。

1万円を持っていき、その日に売る商品を仕入れて、お店に帰って販売をして2万円売り上げる。

翌朝また、1万円持って市場へ行って・・・と繰り返すと。

このお店を1か月30日営業するとします。

月間の帳簿でみると、売上高は60万円、仕入れは30万円、粗利益は30万円となります。

しかし、実は投資資金は、元手の1万円だけです。

同様に1年間365日営業すると、粗利益は365万円となります。

元手の1万円が1年間で365倍になる計算です。