ここまでは、現預金、インカムゲインを狙った株式投資等の‘紙の資産’、

インカムゲインを狙った不動産投資について書いてきました。

これらの資産の増えていく速度は、投資元本に対して、ゆっくりと進んでいきます。

そのため、年間を基準として、計算していきます。

つまり年間の利回りで、その投資について検討していくことになります。

例えば、1年間の利回り5%ならば、100万円投資して5万円です。

より収益性の高い、1年間の利回り20%の場合、100万円投資して20万円となります。
また、同じ利回り場合、当然、投資元本が大きいほど得られる果実は大きくなります。

先ほどの例では、1年間の利回り5%ならば、1億円投資して500万円です。

より収益性の高い、1年間の利回り20%の場合、1億円投資して2000万円となります。