不動産を‘安く買う’ことが、

経済的、精神的、時間的自由を手にいれることを目指すためには、必要となります。

そのためには、物件の選択が重要となります。

さて、インカムゲインを狙う時には、多くの場合、

どのくらいの利回りが得られるかといったポイントから

投資の判断をしていくこととなります。

利回りの計算をしていく場合には、

表面利回りではなく、実質利回りで計算していきます。

特に‘安く買う’ことを狙った不動産投資の場合、

表面利回りで計算していくと、

表面上は利回りが高いが、

費用の構成が高くなることにより、

実質利回りが大きく下がることとなります。

実質利回りが高いからと安心しているとリスクを大きくとっている割には、

リターンが少ないといったことになりかねません。

厳しめに実質利回りを見積ることにより、

その不動産投資で失敗する可能性が下がるかどうかの判断ができるようになります。