インカムゲインを狙い‘不動産’という資産を

安く買うにあたっての問題点についての3点目です。

それは、いつの時点が安いのか分からないということです。

物件価格は様々な理由から値下がり基調です。

(一部地域では地価が上昇している地域もありますが・・・)

そのため、安く買っても、さらに物件価格が下がっていくと、

インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルロス(下落による損失)

との間で相殺されてしまい、

最終的な損益をみてみないと成功したのかどうか判断できません。

インカムゲインがあるからと安心していると物件価格の下落幅が大きく、

売却したら赤字だったということにもなりかねません。

借金をして物件を購入して、物件売却後、借金が残ってしまうと、大変です。