前回は、新築物件では、最終的な損益をプラスにするには不利になる

(相続対策での取得の場合等はここでは除く)ことについて書きました。

新築を対象から外すとすると対象は中古物件となります。
そして、前回に引き続き、インカムゲインを狙い‘不動産’という資産を

安く買うにあたっての問題点についての2点目です。

それは、安く買おうと、

法外な金額を要求しても、全く相手にされないことです。

中古物件を購入するには、当然、相手となる売り手がいます。

中古物件は、売り手が個人の所有者の場合が多くなります。

売り手は、少しでも高く売りたいのです。
その多くの人は新築時に購入し、

何らかの事情で売却することとなったといった状況ではないでしょうか?

前述させていただきましたように、物件価格は様々な理由から値下がり基調です。

新築購入時に多くの人はローンを組んでいます。

売却価格は、最低でもローン残高より高くなければなりません。