‘不動産’という資産からインカムゲインを狙い、

経済的、精神的、時間的自由を手にいれることを目指す場合、

失敗しにくくするためには、

安く買う

ことです。

安く買うことを目指すのですが、何点かの問題があります。

まず1点目は、新築では安く買えないということです。

新築の場合、相手となる売主は基本的に業者となります。

当然、業者は、慈善事業ではないので、原価に利益を乗せて販売します。

新築で購入し、中古となった途端に売主の業者の儲け分の価値が、

何かの間違い

(突然、地価が急騰した、業者の資金繰りが厳しくなって、

業者が損して売ることになった等)

でもない限り、下がることになります。

つまり、新築の特性としての、購入後すぐにほぼ値下がりするということにより、

最終的な損益をプラスにするという目標には、不利となります。