起業したお店が1店舗で小規模店舗の場合は、

入店客数の限界、店内売上の限界、等もあり、

従業員を雇っても、効率化に結び付かない可能性もあります。

すると、人件費を回収できないと予測し、

従業員を雇うということをしないまま、

結局、ずっーと、自分が労働力として営業することになります。

しかし、そのままでは、自分が労働力でない仕組みをつくれません。

ここで、私が起業した時のお話をさせていただきます。

お話させていただく内容は、

必死に頑張って、食べていくことができるようにするために

がむしゃらに働くという

起業後の第一ステージから

自分が労働力でない仕組みを作ろうという、

第二ステージに進もうと考え出したときにおこった

‘金縛り’のお話です。

 
私が起業時に、はじめたお店は、

その大きさが10坪ほどの小さな雑貨店でした。
10坪という小ささもあり、坪効率を上げる必要性がありました。

それに加え、初の起業でもあるため、

設備にもこだわり、什器等を特注品にしました。

起業後、事業計画の甘さから、

まもなく資金が底をつくことになり、とても大変な思いをしました。

しかしその後、がむしゃらに働き、第一ステージからの脱出を模索しよう

としたときに、ある、‘お粗末’なことに、気付きました。