独立起業時後に、時間的自由を手にいれるとは、

どういった状態でしょうか?

それは、働かなくても、いつでも、好きなことができる状態といえます。

そのためには、収入の波の最下部を生活費の水準にまで高めることができる

という仕組みづくりが必要となります。

では、どのようにしてその仕組みづくりをおこなっていくのが良いのでしょうか?

ここで、忘れてはならないのは、

時間的、経済的、精神的自由を手にいれることが目的だということです。

 自営業の場合、‘収入の波’がありますので、

所得の多い時期、所得の少ない時期があります。

所得の多い時期に何をするかがポイントとなります。

所得の多い時期に散財してしまうといったことでは、

時間的、経済的、精神的自由を手にいれることが難しくなってしまいます。

まずは、所得の多い時期でも、生活費を0円に近づけるということを続けることです。

そして、生活費を0円に近づけるということを続けることをした上で、

どうすればいいのかについて考えてみます。

 

今の状態として、お店1店舗営業している状態とします。

お店が1店舗だと、

多くは、本人、家族がお店の運営をしている

といったケースがほとんどだと思います。
この場合、

自分の労働によってのみ収入が入ることとなります。

自分が働かないと収入は入らなくなります。

私は、独立起業して

雑貨店をはじめたとき、

休むこともなく、がむしゃらに働きました。

しかし、いくら働いても楽にはなりませんでした。
自分が労働力でいる限り、

時間的、経済的、精神的自由を手にいれることはできないのです。

時間的、経済的、精神的自由を手にいれるためには、

どうすればいいのでしょうか?

それは、

自分が労働力ではない仕組みを作る必要があります。