「①人に働いてもらう」、が、暗礁に乗り上げたあとに、株のデイトレードを始めました。

優位なトレード方法を確立することで、

「金縛り」から脱出できると期待してはじめました。

期間を1年とし、損失上限を決め、

その範囲を超えたら‘強制終了’というルールを決めました。

結果としては、1年間の期間の制限にひっかかり、

‘強制終了’することになりました。

デイトレードによる実額としての損失は、ほとんどなかったのですが、

利益もありませんでした。

1年間トレードして、そこからの収入は0円。

時間的自由を手に入れるための近道を目指して始めたのですが、

1年間、‘自分が必死に働いて収入0円’というなんとも皮肉な結果となりました。
しかし、デイトレードを通じて、

優位なトレード手法を求めて、悪戦苦闘したことが、

「②のお金に働いてもらう」(投資)の方向へ進んでいくきっかけになります。

デイトレードができる期限の終盤期に行っていたトレードスタイルが

その後の方向性のヒントとなりました。