起業後の生活のボラティリティが高くなったことにより、

時間とお金が密接に関係しているということを強く意識するようになりました。

極端な例でいうと、1か月の所得0円でも生活費が0円なら生活していけるということです。

逆に、もし1か月の所得100万円あったとしても、生活費が120万では生活できません。

次に、時給でみてみると、時給0円でも、生活費0円なら生活していけます。

この状態は、働かなくても、生きていけるということです。

逆に時給3000円でも、5000円使っていたら、生活できないのです。

この状態は、一生懸命働いて、収入が多くても破産してしまうということになります。

売上0円を経験することで考えたのが、

働かなくても生活していける状態の構築をする。ということです。

それにより、時間的自由を手にいれることができるようになるのです。