時間の使い方として、「消費する時間」、「未来のために使う時間」、「浪費の時間」の3つの視点で考えてみます。

サラリーマンの場合、勤務時間、通勤時間、休日仕事等もあり、時間の多くは拘束されています。

サラリーマンは、自分の時間を売って、そのお金で生活しているので、

考え方によっては、多くの時間は「消費する時間」といえます。

しかし、その使い方をかえれば、

「未来のために使う時間」にも、「浪費の時間」にもなりうるといえます。

たとえば、私の通勤時間の例でいうと、

1日4時間以上、1年間だと1200時間です。

それだけの時間があれば、難易度の高い資格試験の勉強にあてることも可能です。
まとまった時間をチャンスととらえ

「未来のために使う時間」として使うか、

または「浪費の時間」として使うか、

により充実度が変わってくるのではないでしょうか。