サラリーマンには、そもそも、選択の余地が少ないので、

使える時間にも制約があります。

いつでも、どこでも、なんでも、自分のやりたいような選択をすることができる余地は、

あまりありません。

 

〝学校を卒業して、やりたい仕事ができる安定した大企業に運良く就職でき、

思い描いていた仕事をする部署に運良く配属され、

転勤もなく、職場の人間関係にも常に恵まれ、

定年まで約40年会社の業績が良く、

会社がつぶれることもなく退職金を満額もらって退職する。〟

といったようなサラリーマン生活を送ることは、これからの日本の大企業では奇跡に近いのです。

やりたい仕事ができそうな会社に就職できたとしても、

入社してすぐにやりたい仕事ができる可能性は高くありません。

希望の仕事につくためには、努力する必要があるかもしれませんし、

やっとついた希望の仕事もついてみるとそれほど魅力がなかった、

といったこともあるかもしれません。

また、希望の仕事にやっとつけてやりがいがあったのに、

数年後異動で別の職種に移ってしまった。
大企業の方が自分がやりたい仕事につくことは難しいのかもしれません。

 

小さければ小さい会社ほど、

自分のやりたい仕事にマッチしやすくなるのかもしれません。

その行きつく先に自営業があります。

会社の安定・安心と自分のやりたいことを仕事にする自由とは、

トレードオフの関係となります。