札幌市円山地区を拠点とする独立系ファイナンシャルプランナーです。お客様にライフプランニングを通じて、Dream(夢をかなえる)Free(精神的、時間的、経済的自由を手に入れる)Quality(生活の質を高める)のお手伝いをさせていただきます。独立・中立のFP(ウラナイFP)なので、保険、証券、不動産等の販売はしておりませんので、安心してご相談ください。また、「机上の空論」のFPでは説得力がないとの信念から、自身はセミリタイア・札幌移住を実現しています。
Felice研究室

質の高い生活を目指す

‘サラリーマンとしての限界‘について③

サラリ―マン(自分で働く)で現状より収入アップを狙うメニューとしては、 ①出世する。 ②転職し、成長分野に転身する。(海外も含め) ③起業し、自力で収入を上げる。 ④副業する。 少子高齢化時代が来るので、選択肢の1つとし …

‘サラリーマンとしての限界‘について②

近年は、大学への進学率が50%以上。2人に1人が大卒という状況です。 就職しても、出世できるのでしょうか? 高度成長期のようにポストの急拡大は考えづらい。 今後は、年金の支給開始を遅らせることとセットにした定年延長も考え …

サラリーマンとしての限界‘について①

前回記事で書いた‘サラリーマンとしての限界’についてサラリーマン時代を思い返してみます。 サラリーマンのレールに乗った状態において、収入を増やすには、出世が必要です。 しかし、出世していくと、その段階毎に 人間関係の調整 …

サラリーマン時代に考えていた‘豊かさ’について③

振り返ってみると、サラリーマンで働いた十数年の間、豊かな生活(物質的な豊かさ)、便利な生活を追い求めていくことで、 皮肉にも自分の時間的、精神的な余裕がなくなっていくという状況になっていきました。 そして、様々なことにお …

サラリーマン時代に考えていた‘豊かさ’について②

私がサラリーマンだった時の話しですが、さらなる生活の質を高める(物質的に豊かになる)ために、収入を増やす必要がありました。 それまで以上に収入を増やすことを目指し、仕事等をすると、自然と会社優先の生活習慣が出来上がること …

サラリーマン時代に考えていた‘豊かさ’について①

私は、サラリーマンだった頃、質の高い生活のために重要だと思っていたこと。 それは、物質的な豊かさ。 物が豊富にあることが豊かであると思っていました。 収入は、ブランド品、旅行、外食、ファッション、住まい、インテリア、習い …

Page 3 / 3123
PAGETOP
Copyright © FPオフィス FELICEフェリーチェ  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.